読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIGSAW

WORK AND LIFE BLOG

忙しい人におすすめのスマホ転職サイトを厳選

就職・転職

f:id:Jwork:20170129132503j:plain

忙しくて転職活動を後回しにしている人は多いようです。でも、そんな人でも工夫次第で活動を上手く進めることはできます。

僕が最初に転職したときは、めちゃくちゃに忙しくて休みも取れない状態でしたが隙間時間で情報を集め続けていたことで上手く転職することができました

最近はスマホでの操作性を重視した転職サイトなども数多くあります。スマホを上手く使いこなせれば忙しい合間の細切れ時間でも活動を進めることができるでしょう。

下記ではスマホを使って情報を集めるのにおすすめな転職サイトをご紹介。

アプリからブラウザ型まで色々なタイプがあります。

スマホで活きるおすすめの転職サイト

Wantedly

f:id:Jwork:20170129133303j:plain

スマホに最適化された転職SNS。通常の転職サイトのように「給与」「待遇」で求人を探すのではなく、事業への思いや働いている人の考え方などを紹介した情報が掲載されているのが特徴です。読み物としても楽しめる。

「申し込む」ではなく「会いに行く」「とりあえず話を聞きにいく」というスタンスで応募できる。IT系企業はほとんどが使っているサービス。

>>Wantedly androidとiOSで提供中<<

MIIDAS ーミーダスー

f:id:Jwork:20170129133836j:plain

人材紹介企業の大手であるインテリジェンスが運営するサービス。

自分の職歴・経歴を入力すると、インテリジェンスのデータベースから自分の経歴でもらえる「想定年収」を算出してくれます。僕の想定年収は「692万円」でした。

年収分析だけでなく、企業からの面談オファーを受けることもできます。

自分の経歴を求める企業からのオファーが集まるため、放っておいても面談確約オファーを集めることができる。

上場企業の求人も多いため、登録しておくだけで思いがけない求人オファーが届くこともあります。

>>市場価値診断はMIIDAS(ミーダス)<<

ピタジョブ

f:id:Jwork:20170129134410j:plain

ブラウザで見る転職サイトですが、スマホから見やすい設計になっています。

大手転職サイトtype・マイナビ・DUDAの求人情報も掲載されています。さらに、企業のHP上の求人募集もクローラーで独自に集めているため、ピタジョブ1サイトでネット上の求人情報の多くをチェックできます。

ピタジョブ内には情報がないリクナビNEXT と併用して、2サイトだけでほとんどの大手サイトの情報を網羅することも可能です。

>>掲載企業最大級のピタジョブ<<

Switch

f:id:Jwork:20170129135546j:plain

Facebookアカウントで登録したら後はスカウトを待つだけという、忙しい人専用のようなFB連動型の転職サービス。企業はWEB業界に特化しています。

普段FBを使うのと同じ感覚で転職先とマッチングできるのが最大の魅力で、気になる企業があれば「いいね」すると人事担当とチャットで会話もできる。

Switchに登録していることをFBで繋がる他の人や今の企業に知られることはなく企業側に見せたくない情報は非公開にできるため安心して使えます。

普段からFBは開くという人は登録しておくと普段の生活の中で転職活動ができます。「楽」な上に「面白い」のが良い。

>>FB連動の新感覚転職アプリ-Switch.<<

キャリアトレック

f:id:Jwork:20170129135156j:plain

20代の若年層向けのサービス。人工知能がおすすめの求人を毎日レコメンドしてくれるという転職サービス。

スマホのアプリで毎日集まる求人を簡単ザッピングできるのが良いです。ニュースアプリを見る感覚でササーッと見れる。注意点としては、メールの配信設定は調節必須。そうしないと登録したメールアドレスにガンガンメールがくるように…。

自動で集まった求人を雑誌をみるようにサーっと確認できるのは気持ちが良いです。

>>レコメンド転職のキャリアトレック<<

スマホなら隙間時間を活かせる

転職活動はみんなで限られた椅子を奪いあう"椅子取りゲーム"の側面があります。

忙しくて活動できなかったり、後回しにしてしまうことは現実としてありますが、良い企業の求人を狙うライバルはそれを理由に待ってくれることはないわけです。

そして「携帯するPC」であるスマホのフル活用は、現代人にとって競争を制するのに大切な要素になってきています。

しかし、まだまだ転職の局面でスマホをフル活用している人はそれほど多くない。

手元のスマホで無料で使えるのならガンガン駆使して、動かない人に差をつけていきましょう。行動することで転職の成功率は高まっていきます。

元業界人が第二新卒の転職エージェントの賢い選び方を解説

就職・転職

f:id:Jwork:20170114225505j:plain

人材業界にいた身としては、第二新卒の転職でエージェントを使うメリットは非常に大きいと感じていました。

ですが、僕はネット上には転職エージェントの選び方についてまだまだ本質的な情報が足りないと思っています。

A君に最適な転職エージェントでもB君にはおすすめできないこともあるのが転職エージェントの本当のところ。

なのにネット上では「1番おすすめはここ」という紹介が多くをしめているのが現状。本来、最適なエージェントは人それぞれ違うはずなのに。

さらに、第二新卒での転職は一般的な中途採用とは少し事情が異なるため、一般的な転職情報だけでは足りない部分がある。

ここでは第二新卒が転職エージェントを選ぶ際の考え方を説明します。

内容を理解することで自分に最適な転職エージェントを選ぶことができるはず。転職を考えている入社1年目〜3年目の方は参考にしてください。 

第二新卒が転職エージェントを使うメリット

まず、転職エージェントのメリットの確認から。メリットは大きく2点。

  1. 第二新卒特有の問題が解決できる
  2. 非公開求人にはステップアップにつながるものがある

以下で一つずつ説明します。

⒈第二新卒特有の問題が解決できる

転職エージェントを活用すれば第二新卒転職の難しい部分がクリアできます。

第二新卒の難しい部分とは勤続年数が短いことにより生じる以下のような問題です。

  • 退職理由の説明ができない
  • 実績がなく職務履歴が書けない
  • 志望動機が作れない

プロの転職エージェントの退職理由や志望動機の膨らませ方、実績がない場合の職務経歴の説明方法などのノウハウはかなり磨かれたものがあります。

第二新卒の転職では「なぜ、新卒入社後から数年で辞めるのか?」「すぐに辞める人ではないのか?」という疑問に説得力のある回答ができなければいけません。

たくさんの失敗ケース・成功ケースを知っている転職エージェントの経験を頼り、面接官に見せる前に客観的な視点で判定してもらうと間違いなくクオリティが高まります。

2.未公開求人にはステップアップできるものもある

転職エージェントでは、普通の求人サイトなどの転職市場に出回っていない未公開求人を紹介してもらえます。自分だけでは出会えない求人情報を知ることができ、選択肢が増やせるのは大きなメリットです。

さらに大切なポイントは、大手企業の第二新卒採用は転職エージェント経由の未公開求人として募集されることが多いということ。エージェントは転職市場にでている求人より良い求人を抱えていることが多いのです。

普通の中途採用と違って第二新卒の転職者に対して企業側も明確な実績を求めていないということもあり、ポテンシャルを伝えきれればOK。

ある程度の年齢になって転職を考えるより第二新卒時点の方が可能性があるという捉え方もできますね。 

転職エージェント選びの基本戦略

複数のエージェントを比較する

転職エージェントは人によって能力差があり、腕の良い人と悪い人では結果が大きく異なります。

自分という商品を企業に売り込むときに、敏腕営業マンにサポートしてもらうか、微妙な営業マンにサポートしてもらうかでは結果が違うことは誰もが想像できるはず。

「人間的な相性」も相談しやすさに関わってくるので、一人の転職エージェントだけをみて「転職エージェントはこういうもの」と判断するのは危険。

数人を比較しないと違いがわからないので、複数のエージェントを比較して信頼できるエージェントをメインにするのが合理的な方法といえます。

これは色々な転職本でもいわれていることですけどね。ここは労を惜しまない方がいいところ。

きちんと対応してくれる転職エージェントを見抜く

自分をしっかり扱ってくれる可能性が高いのはどこかを考えるのも大切です。

では、どうしたらそれがわかるのか?

意識すべきは、転職希望者は転職エージェントにとって商品でもあるということです。これは転職エージェントというビジネスが、転職が決まった人の年収30%程度を成果報酬として企業から受け取るものであることを考えれば腑に落ちるはず。

そして、このときに転職エージェントにとっての「良い商品」となるのは、より高い年収で転職できる経歴・スキルのある人材です。

自分と比較して高スペックの転職希望者が集まる転職エージェントに相談しても、エージェント側からすると優先度が低い人材として扱われるおそれがある。

転職を上手く進めるには自分に力を割いてくれるエージェントをパートナーにすべき。

自分の経歴からお互いにWIN-WINになれるエージェントを探すようにしましょう。

どんな転職を目指すかで選ぶ

狙う転職先に応じて選ぶべき転職エージェントは違います。

大手を狙うなら大手の求人情報をもつエージェントからあたることが大切ですし、外資を狙うのであれば外資系の求人を扱う転職エージェントに行かないといけません。

「当たり前じゃん」と思うような話ですが、それほど考えないで転職エージェントを活用している人は多い。

たとえば「第二新卒専門の転職エージェント」。「第二新卒専門」といわれると第二新卒ならみんなここを使うべきイメージを持ちますね。

ですが、実は大手の求人に限っていえば第二新卒専門よりも、一般的な総合転職エージェントの方が良い未公開求人を持っていることが多いのです

質の高い求人は質の高い転職希望者をターゲットにした場所に多く集まります。

「第二新卒者だけ」と「総合転職(第二新卒者も扱う)」だと後者の方に質が高い求人情報が集まるのは必然。

第二新卒専門型には第二新卒特有の難しさを解決する引き出しの多さに期待ができますが、キャリアアップを狙う場合、総合転職エージェントをメインに活動する方が上手くいく可能性が高いのです。

目的に応じてどの転職エージェントを中心に利用するべきかを考えましょう。

エージェントの分類とおすすめ

選び方のポイントだけでは困る人のために、転職エージェントを分類して、スペック・目的ごとにおすすめを紹介。

理想は、1〜3つの特徴の違ったところを組み合わせること。参考にどうぞ。

全員が1社は使うべき大手総合転職エージェント

情報量が多く、信頼性の高い大手は1社使うべきですが、1社だけでいいです。

正直、大手はそれほどサービス構造自体に違いがありません。エージェントの質も大差なく優秀な人もそうでない人もいます。保有している求人も7割程度は被っています。

いくつかの中で僕がまず2つ選ぶならマイナビエージェントとリクナビエージェント。

▼マイナビエージェント

元々20台前半の採用に強くて新卒用の「マイナビ」では業界トップ。その流れから第二新卒の転職にも強みを発揮しています。ここにしかない大手の未公開求人もある。新卒採用で成功した企業は第二新卒もマイナビ使うからね。

求人情報を多く抱えていて、エージェントの対応も良いと評判。

>>マイナビエージェント<<

▼リクルートエージェント

大手に求めるのは情報量の多さなので、やっぱり中途採用NO1のリクナビエージェントは候補にはいる。 そもそものエージェント数が多いので当然ですが、優秀なエージェントがたくさん。そんな人に担当してもらえればラッキーという感じ。

高スペックだと対応がガラッと変わるという情報もあり。

>>リクルートエージェント<<

ただ、マイナビとリクナビではエージェントが担当する転職希望者の数が違うといわれています。僕が同業から聞いた話ではマイナビ150人、リクナビ300人くらいだそう。

担当数が増えると一人一人に対して避ける時間は少なくなります。そのためマイナビの方がいい対応を受けられる確率が高いといえる。周囲で利用した人の評判もいい。

でも結局はどんな人が担当になるか次第なんですよ。まず、マイナビいって微妙な担当ならリクナビに代えるといった使い方が無駄がないかと思います。

経歴・学歴に自信あり向け

▼JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)

元々外国で創業された会社であるため外資・大手の求人に強い転職エージェント。30代以上のハイキャリア層も使うエージェントですが、最近は第二新卒などの若年層にも力を入れています。若年層もハイキャリア向け。

大手人材紹介企業は、ほぼ全て企業担当と転職希望者担当が分かれる分業制です。

ですが、ここは一人のエージェントが企業・転職希望者を両方担当します。転職者は実際に企業担当と直接話している事情に詳しいエージェントに相談できる。

この規模の人材紹介会社では非常に珍しい形態で転職希望者にメリットが大きい。

>>JAC Recruitment<<

経歴・学歴が並程度向け

特筆すべき経歴もないけど悪くもないという人は情報収集と選考突破確率を上げることが大切。正直、大きなキャリアアップ転職は難しいので地道に穴場を探すか、自分に最適な会社を探す方針が無難です。

おすすめは2つ。

▼マイナビジョブ20'S

マイナビエージェントの第二新卒転職専門版です。特化型であるため、第二新卒だということで他の転職者と比較して優先度が低いと思われる心配がありません。

若年層に強いマイナビグループのネットワークがあるため、求人数・第二新卒の成功失敗ケースの情報も豊富。エージェントの対応も評判が良いのが特徴。

>>マイナビジョブ20'S<<

▼アイデムスマートエージェント

アイデムは中小企業に強みを持っている転職エージェント。アイデムだけが独占している優良中小の未公開求人もあるため、穴場企業を探すのに向いています。

>>アイデムスマートエージェント<<

誰もが知っている大手企業、高学歴、わかりやすい資格(TOIEC800点など)がないなら、上記のような特徴のあるエージェントを活かして工夫しましょう。

経歴に自信がない人向け

新卒入社の会社をすぐ辞めてしまった人、経歴・学歴に自信がない人はとにかくサポートが徹底しているところを選びましょう。

▼第二新卒ナビ

第二新卒・既卒・フリーターなどを専門に支援しています。書類通過87%の徹底添削、回数無制限の面談対策などがあるため、少し経歴が不利でもどうにかしてくれる。

転職エージェント自身が第二新卒での転職経験がある人が多く相談しやすい。

>>第二新卒ナビ<<

▼いい就職.com

第二新卒・既卒向けのエージェント。内定者の離職率が高い企業を排除する仕組みがあるため、紹介求人にブラック企業が少ないのが良い。求人数も豊富で幅広い職種もあるため選択肢を幅広く検討できる。

>>いい就職.com<<

仕事の経験さえ積めばあとは実力で上がっていけるのが社会人です。まずは、伸びそうな業界に潜り込んで実務を覚えるという意識で挑むといいと思います。

*注意

同じ企業に別のエージェントから重複して応募しないようにだけは気を付けましょう。企業担当者は何度も応募がくると不信に思われますから。

まとめ

最近はかなり第二新卒のニーズが増えてきてチャンスが多い状況です。

まだ決心が決まっていなくてもどんな転職候補があるのかなどの話を聞いたり、相談すると自分にどんな可能性があるか知れて面白いと思います。

市場価値がわかるMIIDAS(ミーダス)実践、年収とオファー結果から評判レビュー

就職・転職

f:id:Jwork:20170107194813j:plain

自分の市場価値がわかるMIIDAS(ミーダス)が面白そうなので試してみました。

これまで、転職市場の評価を確認するには転職エージェントに面談するくらいしかありませんでしたが、ミーダスはネット環境さえあればすぐ使える。

どの程度の年収だと判断されたのか?

実際にどんな転職オファーが届くのか?

僕の実践結果からサービス内容を評価。

MIIDAS(ミーダス)とは

f:id:Jwork:20170107194342j:plain

MIIDAS(ミーダス) は大手人材紹介会社インテリジェンスが運営する転職サービス。

自分の経歴を入力すると、インテリジェンスが保有する膨大な転職実績データから想定年収を算出してくれます。

自分の経歴に近い人がどれくらいの年収で転職しているのか、転職市場での評価を知ることができるというコンセプト。

さらに、入力した経歴情報を基に実際に企業から「面接オファー」が届きます。面接オファーは、書類選考なし。

ユーザー側のメリットは2つ。

  • 自分の市場価値(他社での年収可能性)が知れる
  • 書類選考なしで面接からのオファーを受けられる

単純に適正年収を知れるのは面白いですね。

面接オファーは書類選考の手間を省いてくれるのでメリットあり。どんな企業からのオファーなのかが重要ですが…。

僕のスペックと適正年収の結果

f:id:Jwork:20170107193637j:plain

僕が入力した情報を抜粋すると以下のとおり。

  • 大卒の29歳
  • 法人への無形商材の営業経験
  • 新規開拓・既存顧客周りを両方経験
  • 組織内順位は上位20%
  • 資格なし、英語話せない

実際には「内勤営業経験あり、なし」「担当顧客の規模は?(社員数)」など細かな質問がありました。

f:id:Jwork:20170107201221j:plain

質問数はわりと多めですが、選択肢の中からタップしていくだけなのでサクサク進む。

年収は692万円 

f:id:Jwork:20170107185914j:plain

僕の経歴だと年収692万円が想定年収だそう。正直、もうちょい欲しかった。営業は歩合で結果だすと結構もらえるので。

しかし、歩合分を換算せずに月給692万円はいい給料だといえます。

他の利用者の情報を調べると基本的に想定年収は高めで算出されるようでした。ほぼフリーターだった人も600万円と算出されたり。僕とあまり変わらない…。

自分の実践結果とその他利用者の情報を総合すると、想定年収は少し割高に算出されるのだと判断できます。

年収と転職オファーの辻褄は合うのか?

詳しい年収の算出方法はわかりませんが、実績データを元にして高めに結果がでるような作りになっていることはわかりました。

しかし、こうなると気になるのは実際に届く転職オファーの質です。

ミーダス自身が想定年収を示している手前、想定年収にまったく足りてないオファーばかりだと「?」となるのは当然。

最初にユーザーの期待値を上げる設計にしているのは、それにある程度は答えられるからでは?とポジティブ予想したい。

転職サービスの中にはブラック企業ばかりのアプローチしかこないようなサービスもあるので、ここはしっかりと品定めが必要です。

面接オファー10件

僕の場合MIIDASを使って3日で10件の面接オファーをもらえました。あと、もっと詳しい職務履歴書を知りたいというオファーも3件ほど。

f:id:Jwork:20170107190743j:plain

まだ増えそうですが、とりあえず3日目時点のオファーで評価します。

以下がオファー企業を気になる順に並べたもの。

  1. 業界最大手の専門ECサイト企業
  2. 元◯フー子会社の人材業界企業
  3. ネット広告3位くらいのIT企業
  4. 日本最大の情報総合サービスの会社(人材輩出起業とか言われてる)
  5. 投資用マンションを扱う不動産コンサル会社
  6. 不動産賃貸のコンサルティング会社
  7. クーポンシステムなどCRM提供の会社
  8. 人材紹介企業
  9. ゼネコン企業
  10. 携帯ショップフランチャイズ企業

届いた面接確約オファーには年収幅◯◯〜◯◯万円が記載されています。

僕のオファー10社全体の年収幅は350〜800万円。一番多いのが400万〜670万程度のオファーでした。

最低が400万〜なのである程度の職務経歴があれば500万円以上はもらえるはず。ですが想定年収の692万円での転職は厳しいでしょう。やっぱり想定年収は現実より少し高い金額でした。

興味の持てる企業はあったのか?

年収以外の要素に惹かれるか?も大切。

上記で1・2位の企業はとても興味が持てる会社でした。というのも2社とも社名は以前から知っているところ。

1位は専門特化のECサイトをメイン事業にして上場し、人工知能にも踏み込んでいる成長性、2位は求人業界で働いていた頃、同業として気になっていた会社です。

企業の口コミサイトキャリコネ で調べたところ、両社とも評判は上々。とくに1位はやりたいことがやれる雰囲気、急成長企業でありながら残業をなくそうと頑張る企業とのこと。2社とも社内の雰囲気も良さそうなので優良企業からのオファーだといえます。

3位・4位も上場している有名な会社です。ですが、4位は面接オファーじゃなくて説明会の案内だったので順位ダウン。こういう使い方の企業があるのはマイナスですね。

しかし、上場企業からのオファーが多いのは良い意味で予想外でした。

転職者データが面白い

f:id:Jwork:20170107200222j:plain

ミーダスに登録すると転職者の統計情報を調べることもできますが、これが中々面白い。情報元は大手人材紹介会社のインテリジェンスが保有する大量の転職者データ。

  • 自分と同世代の年収を調べたり
  • 職種ごとの年収データを調べたり

自分と比較して落ち込むorニヤニヤできます。

スペックを変更して色々なデータが見られるため、転職検討中なら参考になる。

実践結果まとめ

適正年収は若干高めの査定になるものの、転職オファー企業の質は高かった

とくに働きながら転職活動をする人にはおすすめ。以下2点は大きなメリット。

  • 書類パスのオファーが自動で集まる
  • 参考になる年収データを調べられる

忙しくて転職エージェントにいけなかったり、現時点でどんな会社が自分を欲してくれるのか知りたい人はまずはミーダスを使うといいと思います。

年収査定やオファーをみると行動する気が湧いてくるため、転職したいと思いながらも後回しにしている人にもおすすめできます。腰が重い人の行動を促す効果あり

>>MIIDAS(ミーダス)<<

そして、もしミーダスのオファーで転職を考えるなら口コミサイトは併用必須。オファーはどんな会社も魅力的に書かれているので、本当のところを口コミで確認してからでないと、ブラック企業が見分けられません

>>10万件の企業口コミ。キャリコネ<<

転職はけっきょく限られた席の奪い合いの情報戦です。

ミーダスもキャリコネも無料。負担なく使える便利ツールは積極的に活用して転職の成功率を高めましょう。