読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JIGSAW

WORK AND LIFE BLOG

優良中小企業に転職したい方へ。ホワイト企業の見分け方。

f:id:Jwork:20160406231236j:plain

転職するなら、なるべくホワイト企業で働きたい。

求人広告の営業として数々の中小企業の採用をお手伝いした中で、労働環境の良い、ホワイトな優良企業には共通点があると感じていました。

全ての企業にあてはまる訳ではありませんが、少し違う角度から企業を探すヒントになると思います。

「競争していない企業」がホワイト企業

「競争していない」とは、「差別化」できてるということです。経営とかマーケティングの本とかでよく書いてますよね。差別化でブルーオーシャン戦略とか。

差別化とは競合他社に対して自社のポジションを確立するために意味のある違いを打ち出す活動のことをいう。byコトバンク

サラリーマンだと「差別化」なんて言われても、現実問題、仕事の中でそんなこと考える機会はほとんどない。むしろ、先輩の真似しようとか、浮かずに職場に溶け込もうという風に、差別化とは真逆に考えることのほうが多いし、実際に大事でした。

だから、求人の仕事やる前から言葉は知っていたけど、腹落ちしてなかった。

けど、求人広告の営業をやって、たくさんの中小企業を見て、多くの経営者と話す中で「この会社働きやすそう。」と感じたところは、差別化がなされていました。

隠れた優良企業を探そうと思ったら、その企業に競争相手はいるのか?差別化は?などという視点で探すと、思わぬ企業が見つかるかと思います。

なぜ、競争はいけないのか。

競争するとほとんどの場合、価格競争になります。

競争は参戦した時点で少しずつみんな不幸せになるようになっています。

たとえ勝ったとしてもです。

簡単な図で説明します。腹落ちしていない人のため。

物の価値が需要と供給のバランスで決まることは、感覚的に誰でも分かると思います。

レアなフィギュアは、欲しい人が多いのに、フィギュアの数が限られているから値段が上がりますが、突然、フィギュアが大量生産されたら値段は下がりますよね。

つまり、需要と供給のバランスで価格は決まります。

f:id:Jwork:20160406224602j:plain

需要を表すのが、価格が上がる程、需要量が減り、価格が下がる程、需要量が増える需要曲線です。図の左上から右下に伸びる線。基本的に商品が安くなるほど、欲しいという人は増えるし、高くなればなるほど、欲しいという人は減っていくことを表した曲線です。

逆に、供給を表すのが、価格が上がる程、供給が増える供給曲線です。左下から右上に伸びる線。高く売れるのはもっと供給したくなるのが供給側の発想だからです。

需要曲線と供給曲線の交わるところで、価格が決まります。

この場合、需要と供給の釣り合うYに価格は落ち着きます。 

f:id:Jwork:20160406225305j:plain

しかし、何らかの外部要因で、供給が増加すると、供給曲線が右に移動します。すると、交わる点で価格は決まるため、価格はYだったのがY'に下がってしまいます。そして、競争相手が増えるというのは、供給曲線を右に移動させる外部要因になります。

図でも価格がY'に下がったように、競争相手が増えるたびに、商品の価格は下がります。否が応でも下がります。

価格が下がっても、企業が商品を作るコストは変わらないため、利益が下がる。利益が下がると、働く人の給与や待遇が下がるという流れで、労働環境に悪い影響が波及します。

競争で一番ならいいんじゃない?って思う人もいるかもしれません。

勝ってるいるなら、それはきっと優良企業でしょって。

しかし、もし勝っていたとしても、競争している限り、ずっと削り合いです。競争相手が値下げしたら、負けじと値下げ、そうすると値下げの限界に近づいてきて、最後はマンパワー勝負となり、仕事がハードになるって流れで労働環境は悪化していきます。

大手ではない中小企業だと、このサイクルが周るのはより早い。

僕が働いていた地方求人誌の会社も、3社で値下げ合戦に入りつつありました。一番シェアを取っている会社は、1社で50%以上のシェアを抑えてましたが、働いている人達はそうとうハードそうでした。

市場は、競争するとブラック企業に近づくような仕組みになっています。

差別化した優良中小企業。具体的は?

僕が見た企業の例で「差別化」が上手くいっていた具体例を一つ紹介します。

ある自動車整備会社は、元々他の整備会社と同規模の整備工場だったのを、少し拡張してトラックなどの大型車を複数台止められるようにしました。

そしたら、県内のトラックの整備の依頼が集まるようになってきたので、そこからトラックの荷台を作る業務にも進出。近くに他に大型車を複数収容できる工場を持っている会社がないのと、大手が進出して旨みがあるほどの市場規模じゃないということで、敵のいない状態になりました。

その会社は、同業態の企業に比べ、平均の勤続年数がはるかに長いのが特徴でした。待遇面だけでなく、社内の雰囲気も良いということですね。

他には、「業務デジタル化の会社」「建築資材を扱う会社」「人材派遣会社」など、競争しない環境を作れている会社の中には、働きやすそうな会社がいくつもありました。

逆に、競合とバチバチ争っている会社は、大きくても大変そうな会社が多かった。

とはいっても、中小企業なので給与面は大手に見劣りすることが多いですが、定時退社で土日は完全に休み、有給は全て消化、仕事も面白いし、人間関係も良好みたいな会社は、けっこうありました。

求人メディアに掲載していない中小企業はけっこうある

求人募集があっても、求人メディアに掲載していない中小企業は多くあります。

求人メディアへの掲載はコストがかかるため、HP上でだけひっそり募集出していたりすることも多いです。

隠れホワイトは人が辞めにくいため、求人数はさほど多くありませんが、業績が好調で増員を考えつつも、ただ単に先延ばしにしている会社も合ったりします。

優良中小企業探しは、求人サイトや求人誌だけでなく、まず、競合の少なそうな業界に目星をつけたり、珍しい商品を扱っている会社はないか?と探すと、思わぬ穴場と出会える可能性が高まります。

気になる企業を見つけたら、ネットでHPを検索してみたり、問い合わせしてみるといいと思います。

もし、ネットでリサーチするなら

ネットでの穴場な優良中企業の見つけ方。

タイミングが一番大事

上でも書きましたが、求人メディアの掲載にお金がかかるため、中小は、求人メディアに掲載終了後は自社HP上で募集していることがわりとあります。

しかし、一時的には求人メディアの掲載もあるので、これをどれだけ拾えるか。拾う確率を上げるかが優良中小企業への転職の鍵になります。

ネット上の求人情報の探し方

ほんとは全ての求人サイトを毎日チェックするのが一番理想です。

しかし、全てチェックは難しいの現実。

そこで、穴場企業を見つけるための情報収集方法として、業界大手サイト1つ+サイト横断型1つで情報を集める方法があります。

業界大手の求人サイトは、企業が求人を検討したときに、最初に掲載を考える媒体で、実際に掲載件数も多い。少し掲載費用が高めでも、最初は大手に出してみるというのが企業の動きの傾向としてあります。

で、ホワイトな企業ほど、最初の大手サイトで一発で採用きまる→成果上がったので2度目もそこでだす→以下ループという流れが生まれやすいため、求人の内容が良く、実際はどこで募集してもきまるでしょ!という企業ほど大手を使い続けたりします。

したがって、大手サイトのチェックは必要。さらに、以下で説明する横断型サイトとの組み合わせの理由から、最大手のリクナビNEXTは要チェックです。

>>リクナビNEXTをみる<<

リクナビNEXTと組み合わせる、横断型の求人サイトは、お互いを補完しあえるピタジョブを使うといいです。

ピタジョブがいい理由は、リクナビNEXT以外の大手サイトである、DUDA・マイナビ・@typeの求人情報も掲載しているからです。つまり、リクナビNEXTとピタジョブの組み合わせなら、2サイトで大手サイトの情報はほとんど網羅できるようになります。

さらに、企業のHP上の求人募集もクローラーで集めていていたり、「安定企業の求人」「自慢できる求人」というカテゴリ分けをしていたりするなど、優良企業を探しやすい設計になっています。

>>ピタジョブをみる<<

以上がネットで求人を探すときにおすすめの方法です。

最後に

転職に一番大事なのはタイミングです。

僕の最初の転職が成功した要因として、転職を考え出してから隙間の時間で、どんな求人があるのチェックしていたことがあります。やりたい仕事内容で良さげな企業がたまたま募集していたのをサイトで見つけました。しかも、自宅近くの会社。

タイミングを掴めるかどうかは運次第ですが、行動することで運を掴める可能性は高まると思っています。

仕事が楽しいと人生が楽しくなります。少しでも転職を考えるなら情報の収集はすぐに始めることをおすすめします。

リクナビNEXT

ピタジョブ

【関連記事】

市場価値がわかるMIIDAS(ミーダス)実践、年収とオファー結果からレビュー